blog

「アイドルTV!秋の大運動会2019」走行記録(マラソン1枚取り500位入賞)

  • 公開日:2019.11.07 / 更新日:2020.12.24


LegendersとAltessimoの共演イベントです。

レジェとアルテの共演は『秋夜の音楽祭 ~JAZZ BARへようこそ~(2018年10月9日~10月15日)』に続く二回目。想楽くんと麗くんの共演は2017クリスマス越境と2019年バレンタイン越境含め四回目。

  • メガフォン未使用(ボナタイ着火はミニバー使用)
  • イベント中にガシャは引かない(テンションアップ効果60%)
  • アイテムはゼリーとバーのみ使用

上記条件で走行した記録です。

【2019/12/2更新:日記にポイント推移やアイテム収支などを追記】

目次

  1. イベント基本情報
    -最終ボーダー
    -初日ボーダー(計測:10/8,13:00)
  2. 基本的なイベントの走り方
  3. 走行記録
    -使用デッキと体力
    -アイテム消費・ポイント・順位推移記録
    -データに関する補足
    -最終結果
  4. 記録の利用法
    -データの意図
    -注意点
  5. 走った日記
    -1日目:10月7日(月)初日、スタダ販売開始
    -2日目:10月8日(火)初日ボーダーが出る
    -3日目:10月9日(水)スタダ販売終了
    -4日目:10月10日(木)
    -5日目:10月11日(金)
    -6日目:10月12日(土)
    -7日目:10月13日(日)次イベント予告
    -8日目:10月14日(月)ラスパ販売開始
    -9日目:10月15日(火)最終日前日
    -10日目:10月16日(水)最終日
  6. 終了後の感想

1.イベント基本情報

イベント名:アイドルTV!秋の大運動会2019
イベント形式:マラソン
開催期間:2019年10月7日(木)17:00~10月16日(土) 12:59 ※10日間、土曜1日、日曜1日
ランキング報酬SR:古論 クリス
ランキング報酬R:神楽 麗
ポイント報酬R:北村 想楽
限定ガシャSR:都築 圭
限定ガシャR:葛之葉 雨彦
期間中誕生日アイドル:10/11古論クリス、10/13九十九一希
※マラソン形式のため誕生日特効はイベント獲得ポイントに関係せず

初日ボーダー(計測:10/8,13:00)

20位:2,200,937pt
150位:611,528pt
500位:244,983pt
1000位:122,905pt

最終ボーダー

20位:9,763,796pt
150位:3,924,932pt
500位:2,522,392pt
1000位:915,433pt

2.基本的なイベントの走り方

  • ゼリーを消費して走る、バーはボナタイ発生時のみ使用、メガフォン使用なし(バー走り時速測定のため3日目のみ1時間ほどバー使用)
  • ゼリーは残り体力1以下はフルゼリー使用、体力2以上はハーフゼリー使用
  • 限定おみやは置く、通常おみやは使用無し
  • 営業自動進行ON、営業自動進行(演出スキップあり)、『差し入れ』のみチェック入れる、会話チャンスはチェックせず発生させ最良選択肢を選び3倍フォロー維持する
  • 各エリアで3倍フォローが出たらアピールせず待機させておき、ひとつのエリアでひたすら営業し会話チャンスや休憩時間を利用し3倍フォロー維持しながら走る。ボナタイが途切れたら他エリアの待機3倍フォローをバー使用でGood以上にする。待機分使っても3倍ボナタイにならなければ休憩時間利用で2倍フォローで走り、走行中に3倍フォロー発生したらバー消費しGoodにして3倍フォローボナタイを誘発させる。

3.走行記録

使用デッキと体力

使用デッキ:マラソン形式のためデッキ発揮値関係無し
スタッフレベル:ALL20

グループレベル:399→402
体力上限:729→732
同僚数:100人
※グループレベルと体力上限はイベント走行中にレベルアップ

アイテム消費・ポイント・順位推移記録

アイドルTV!秋の大運動会2019走行記録

表をクリックすると大きめの原寸表示します。
数式上、消費アイテムがマイナスになっている列の費用対効果の値がエラーになっています。ミニバーは3日目以外はボナタイ着火目的でしか使用していないので、おみや産などで所持本数が増えた日は赤字マイナスになっています。

データに関する補足
  • イベント増刊号掲載分ミニバー・イベント限定ハーフゼリーなどポイント報酬獲得アイテムは開始前に含める
  • レポート取得分・イベント限定おみや分・通常ログボ分・イベントログボ分は日ごとアイテム数に含める
  • パネミ交換分は含めず
  • メガフォン・通常おみやは未使用
  • 計測はその日のノルマ走り終わった時、22時~26時くらい
  • 1日目にレポートからポイント報酬R『【運動会2019】北村 想楽』を引いてからはテンション60%で最終日まで走行
最終結果

順位:272位
(500位入賞、チェンジ前称号・ブロマイド入手)
獲得ポイント:2,716,880pt
消費ハーフゼリー換算合計:204個
(開始前431個⇒終了後179個)
消費ミニバー換算合計:499本
(開始前2,299本⇒終了後1,181本)

4.記録の利用方法

データの意図

データの意図としては、消費アイテムに対する純粋なpt獲得効率=費用対効果を算出すること。

なぜ費用対効果を算出したかというと、どれだけアイテムがあればどれだけポイントが稼げるかを把握しておきたかったからです。定数を把握しておけば、2枚取りにも3枚取りにも応用できます。

走り慣れた方はご自分である程度把握しているかと思いますが、初心者や走り慣れていない方はアイテム消費や消費に伴う課金が気になるところでしょう。また、1枚取りしかしたことが無いけど2枚取りに挑戦したい方も知りたいところだと思います。

注意点

注意してほしいのは、消費ゼリーは体力上限によって変わってくることです。体力上限が私の「体力729」より少なければ、その分ゼリー消費が多くなります。自分の状況と照らし合わせて参考にしてください。

初心者の方だとレベルが低く体力上限も低いと思います。今回の記録よりアイテム消費が多くなるはずなので、アイテムには余裕をもって挑みましょう。

5.走った日記

1日目:10月7日(月)初日、スタダ販売開始

イベント開始しマラソン形式であること確認後、前イベパネミシールを全てハーフゼリーに交換しハーフゼリー20個入手。バーが無くてもゼリーで走れる、手持ちアイテムからゼリーが不足しそうだと判断したため。

パネミ交換先の一部はイベント終了後も交換できる。そのため次イベント開始時に形式確認後に交換することも可能。

詳しくはこちらの記事参照
パネルミッション内容・交換所アイテム一覧

2倍ボナタイでエリア3-1走行中にレポートよりポイント報酬R確定スカウト券入手、以降テンションアップ効果60%。エリア4-3走行時3倍ボナタイ発生、以降常に3倍走行。1時間ごと数分休憩を挟みながら3時間ほど走行。エリア6クリアしたところで本日の走行終了。

走るかどうか悩んだがポイント報酬Rが早々にきたためできるところまでやることにする。公開用記録はスタダラスパガシャ特攻等イベント関連を無課金にしたいのでテンションアップ特効ガシャは引かない。貯蓄メガフォンも使用しない予定。
(無課金で足りない分をどの程度補うかの指針としてほしいため)

事前測定によると私の体力上限だとハーフゼリー400個程度あればレポート底できるようだが、現状の消費ゼリー数と走った時間から考えて、400個も使い切れるのかが心配になってくる。おそらく消費仕切るには時間が足りない。

事前測定した記事
レポート枚数・メガフォン数・ポイント数の各獲得方法メモ

【アイテム収支】
順位:605位
ポイント:130,575pt(+130,575pt)
所持ハーフゼリー換算合計:425個(-6個)
所持ミニバー換算合計:2,286本(-13本)

2日目:10月8日(火)初日ボーダーが出る

ゼリー走り時速測定:103,947pt獲得、ハーフゼリー15個消費、レポート694枚獲得
(バー消費無し、3倍フォロー、テンションアップ効果60%)

初日ボーダーから最終目標2,600,000ptと設定。設定時点で557,305pt稼いでいた。
残り必要稼ぎポイント2,042,695pt/残り日数8日間=日速255,336pt必要

時速から一日あたり2時間30分走ればいい計算に。終盤アクシデントにより走れなくなる可能性を考慮し走れる時に走ることに。最終日はほぼ走れないため最終日前日には目標ポイントまで稼ぐこととする。

時速ゼリー消費からゼリーのみで目標ptを稼ぐとハーフゼリー100個ほどしか残らなくなる計算になる。メガフォン貯蓄とおみや貯蓄は多少あるので目標ptが上がってもまあどうにかなるかと楽観視。ゼリー消費を抑えるためと時速上がった場合の獲得ポイントを知るために、バー走り時速も測定したほうが良いかもしれない。

レポート底引きは今の調子で目標ptまで稼いでもおそらく底まで引けない。本日から残りレポート手当個数を記録することにする。

マラソンゼリー走りはグラブルのエンジェルヘイロー周回やスライム周回好きな人は好みかもしれない。ランダムドロップのような運要素が少なくやれば確実に経験値やポイントが手に入るタイプ。RPGのレベル上げみたいな。

休日だったので出来るだけ走っていました。時速から予測すると6時間ほど走っていたらしい。集中して走ったのは2時間程度で、他は掃除やネサフや動画視聴など別の事をしながら走っていました。自然回復APも使いたいので。

【アイテム収支】
順位:170位
ポイント:761,690pt(+631,115pt)
所持ハーフゼリー換算合計:360個(-65個)
所持ミニバー換算合計:2,285本(-1本)
レポート手当残り個数:3,037

3日目:10月9日(水)スタダ販売終了

2日目の記録から考えたこと。1日目は2倍で走った時間があるため2日目のほうがゼリー費用対効果が上がった。しかしレポート手当でゼリーや限定おみやを入手するため日ごとの費用対効果はあまり参考にならないかもしれない。時速のほうが参考になると思う。

ゼリーバー走り時速測定:300,960pt獲得、ハーフゼリー12個消費、ミニバー505個消費、レポート776枚獲得
(アピールは常にバー使用しGood以上、3倍フォロー、テンションアップ効果60%)
備考:パフェの出が良くない気がした

獲得ポイントはゼリーのみ走りのほぼ3倍。ハーフゼリー消費が少ないのはバー使用のタップ時間が蓄積されたためと思われる。

ゼリーのみ走りと獲得レポート数にそれほど差がないのはエリアクリア報酬でのレポート獲得が主なため。バー走りはポイント獲得目的とするのが良いか。

【アイテム収支】
順位:122位
ポイント:1,298,875pt(+537,185pt)
所持ハーフゼリー換算合計:326個(-34個)
所持ミニバー換算合計:1,794本(-491本)
レポート手当残り個数:2,618(-419)

4日目:10月10日(木)

そういえば目標を決めていなかった。目的は銀称号入手であるから、500位入賞を目指しつつレポートから上位報酬SRが出てきたら1000位入賞目標にスライドする。この程度まで開けて出てこないということはほぼ底なのだろうとは思う。

会話チャンスはボナタイ突入直後だと最良以外の選択肢にしたいが意図して最良以外に上手くできない。信玄さんの筋肉選択肢の違いが上ってついてたら上半身で下ってついてたら下半身の筋肉のことなのかなとしかわからない。迷った選択肢は一番下を選ぶことにしている。迷う時間が惜しい。

ボナタイ継続のために自分から会話しに行くときは北斗を選んでいる。フィーリングが合うからか最良がわかりやすい。ビジュアル重視、演奏はオススメかクラシック、ファンの手紙には感謝し期待に応えたく、お菓子は美味しいと答え、食事は野菜や和食など健康に良さそうなものが好きらしい。カレー選びたくなるが野菜である。キリオくんが水族館選ぶと良いのが海。

自分の場合はインテリの考えていることは大体わかるがフィジカルメンタルの考えがよくわからない。今回だと右上の隼人がタップしやすいので選びたいのだが選択肢が難しいので北斗にしている。誰がわかりやすいかは人によると思うので、自分が選択肢がわかりやすいアイドルと会話し続ければ良いと思う。

周回はエリア5をしている。3倍フォローだと2人がバトンパスしているような構図に見えるのが良いのと、ライブや撮影の決め顔では見せない素の表情かつ勝負事に挑む真剣な眼差しが好きだからである。周回していて非常にやる気が出る。

今回全体的にチェンジ後の表情が普段のライブや撮影の決め顔とは違う表情なところが好みである。2ユニットとも仕事に対していつも真摯だがなんかこう必死な表情というのがイメージに無いユニットなので、本来あるが表には出にくい面が見れたイベントだと思う。

運動会2016虎牙道Wは元々勝負の世界に生きてきたユニットが似た土俵に立ったことで前職のアスリートとしての姿がよく見えたが、今回は勝負事に縁が少ない世界にいたユニットである。同じ題材でもユニットカラーによって描かれ方が違う、面白い。

マラソンは単純作業でしかないが常に目に入るカードイラストが好みだと作業でも苦が緩和される。というか単純作業なのになぜか自分のテンション維持がされ楽しい。

ストーリーだとクリスさんが地引網の要素を取り入れているところと、都築さんが綱引きで相手チームを観察し作戦を提案したところが好きである。二人とも他の人には無い自分なりの視点で勝ちに行っている。315プロダクションが総合優勝できたのは二人以外もそれぞれの長所を生かしたからなのだろうと思う。雨彦さんの借り物競争が選び放題なのがその辺を暗示しているように思える。

普通にイベントストーリーの感想を書いてしまった。単純作業は頭が休まるため取り留めも無いことを考えてしまう。

【アイテム収支】
順位:158位
ポイント:1,504,055pt(+205,180pt)
所持ハーフゼリー換算合計:304個(-22個)
所持ミニバー換算合計:1,802本(+8本)
レポート手当残り個数:2,396(-222)

5日目:10月11日(金)

今日から稼ぐのはのんびり進行になります。走れる日と走れない日が出てくるので『この日はこれだけ走る時間あるからこのポイント数積もう』という予定を立てて走りました。走った時間は時速から逆算してください。と言っても、ながら走りや30分走って休憩してまたちょこちょこ走って、みたいなことしてるのだけど。

レポートの取得枚数を箱の残り個数から概算してみたけど日によって差がありすぎて合ってるのか心配になる。スクショの通り入力してるだけなんだけど、なんでこんな上下変動するんだ。

クリスさん誕なのでPエンブレムをSR2%チケに交換し引いてみる。こない。

1枚取りは、できれば次回イベント予告がきたら実際に目指すかどうか決めたいところ。でもマラソンゼリー走りは短期でポイント稼ぎができないので、スタートダッシュしました。次イベは10月3週目イベなので昨年と同様ならハロウィン越境ライプロかなとは思っている。

【アイテム収支】
順位:151位
ポイント:1,790,085pt(+286,030pt)
所持ハーフゼリー換算合計:282個(-22個)
所持ミニバー換算合計:1,791本(-11本)
レポート手当残り個数:2,147(-249)

6日目:10月12日(土)

手持ち限定バーや、レポート産イベント限定バ―&イベント限定おみやが尽きてきた。ボナタイ着火Goodのため休憩時間回復を利用し始める。休憩時間400くらい溜まってたから3倍フォロー継続以外にも使っていいかと思った。

ゼリーバー取得がログボのみになってくるので費用対効果はこの辺から正確になるかもしれない。

【アイテム収支】
順位:146位
ポイント:1,790,085pt(+286,030pt)
所持ハーフゼリー換算合計:282個(-33個)
所持ミニバー換算合計:1,786本(-5本)
レポート手当残り個数:1,833(-314)

7日目:10月13日(日)次イベント予告

次イベ予告、ハロウィン越境と確定。誕生日特効無しライプロかと思われる。

順位、150位を反復横跳びしている。目標ポイントを決めてそこへ向けてゼリーで積んでいるだけなのでなぜ順位維持できているのか正直わからない。3日目までで稼ぎすぎたからか?順位近い人たちは3日目までに貯蓄メガフォンかスタダメガフォンブーストで走っただけでそれが切れたとか。わからぬ。

マラソンの走り方がよくわからないので他人がどういう稼ぎ方をしているのかがわからない。ビンゴと同じくポイント稼ぎ効率が他者に左右されないので『自分の自由にできる時間を使って目標まで稼ぐ、時間で足りない分は時短メガフォンする』というのを思い描いているが実際他の人はどうしているのだろう。

【アイテム収支】
順位:155位
ポイント:2,206,475pt(+190,550pt)
所持ハーフゼリー換算合計:232個(-17個)
所持ミニバー換算合計:1,786本(+-0本)
レポート手当残り個数:1,647(-186)

8日目:10月14日(月)ラスパ販売開始

流石に飽きてくる。240万ptまで稼ぐ予定を230万ptで妥協した。

レポート手当がR賢ちゃん2枚・ホイッスル2個以外は全てイベントポイント・マニー・スカウトポイント・サポートメダルのみになる。アイドルからの差し入れはランキング報酬SR確定チケットとSR10%のみ残る。

レポート底が目的ではないので予想通りなのだがやる気が下がる。Pエンブレム2個出たしメガフォンとかアイテム系はほぼ出尽くしてるだけマシなのかなとは思う。

ゼリーバーは週間ランキング報酬で増えました。115位でした。オーディションバトルは数回しか挑んでないので、ファン数はマラソンゼリー走りでほぼ稼いでいます。

【アイテム収支】
順位:209位
ポイント:2,314,745pt(+108,270pt)
所持ハーフゼリー換算合計:227個(-5個)
所持ミニバー換算合計:1,800本(+14本)
レポート手当残り個数:1,534(-113)

9日目:10月15日(火)最終日前日

集中して目標まで稼ごうと、ながら走りをやめてひたすらぽちぽち。無音でやってたら瞼が落ち落ちすごく眠くなってくる。これはダメだ寝落ちすると思い今まで通り音楽を聴きながら走る。グラブルの「新世界秩序」って曲が好きで今イベ中ずっとループさせながら走ってました。テンポ早いテンション高い曲かけてると飽きない。

260万pt越えたけど終わらせるのが名残惜しくてちょっと走る。やけにパーフェクトの出が良い。終了時間に張り付けないのが心配になってきて270万ptまで稼ぐ。「迷うくらいならオーバーラン」がモットーです。

日付変わってからも少し走る。10月16日分のパネミも消化して寝る。

【アイテム収支】
順位:206位
ポイント:2,703,420pt(+388,675pt)
所持ハーフゼリー換算合計:179個(-48個)
所持ミニバー換算合計:1,801本(+1本)
レポート手当残り個数:1,106(-428)

10日目:10月16日(水)最終日

朝起きた時に自然回復分を消費。以降は全く触らずイベント終了。かなりオバランしたつもりなのでボーダーから振り落とされる心配はしなかった。

結果272位。やり切りました。

ランキング報酬10%チケは賢ちゃん引換券。

走り切ったのでイベント終了後に18人スカウトガシャを引く(特効カードを引いた時点でテンションアップ効果が付与されてしまうためイベント中は引けなかった)。BOX券から雨彦さんが1枚くる。やったぜ。レポートからはクリスさん来なかったし底できませんでした。

【アイテム収支】
順位:272位
ポイント:2,716,880pt(+13,460pt)
所持ハーフゼリー換算合計:179個(+-0個)
所持ミニバー換算合計:1,801本(+-0本)
レポート手当残り個数:1,098(-8)

6.終了後の感想

無課金・ノーメガフォン・ゼリー走りでマラソン500位できないこともない。ボーダーによるけど。今回よりボーダーが高ければポイントを稼ぐために時間が必要であり、時間確保できないのならばメガフォンで補わなければいけないでしょう。そうすればレポート底もできるかと思います。

今回は時速測定のために20万pt分をミニバーで稼いだのでバー使用無しだとその分ゼリーで走ることになります。1~3日目までは一日中走れる状況だったのでイベント開始直後の高いテンションでまとめて稼いだのもあって後半は気が楽でした。メガフォンを極力使用しないとなるとやはり時間が必要。どうにか時間確保できる予定を組む必要があります。

3倍ボナタイ着火はミニバー使用で行いましたが、3倍フォローを使い果たし2倍ボナタイで走っていてもすぐ3倍フォローがきましたしミニバー使用で再度3倍着火できました。それほど3倍着火で苦しむことはなかったです。

最終的にグループレベル402、体力上限732までレベルアップしました。ゼリー消費数は体力上限に依存するのでその辺だけ注意してください。



ページ移動

同じカテゴリ/タグの記事

ユーティリティ

ブログ案内

管理人 / ゆゆ

モバエムの攻略覚書を書いたり、SideMの情報をまとめたりしています。更新はゆっくり。

ブログ内検索

Feed

初心者の方へ

モバエムを進めるうち、好きなアイドルのイベントがきたら頑張りたいと少しでも思い始めたら

  • ◆イベントに参加してゲームシステムに慣れる
  • ◆ゼリーとバーを貯める
    (アイテム画像の背景が青いやつ)
  • ◆恒常SR+デッキを作る、必ず信頼度とレベルを最大にしてからチェンジする
    (通称:MMチェンジ)

この3つを重点的にやってください。無課金の範囲でできます。イベントが来る前から準備しましょう。

他サイトリンク

モバエムお役立ちサイト紹介

SideM今後のスケジュール

最終更新日:2021/8/28

★CD/BD★
8月4日

THE IDOLM@STERシリーズ イメージソング2021「VOY@GER」【SideM盤】』発売

9月29日

THE IDOLM@STER SideM GROWING SIGN@L 01 Growing Smiles!』発売

11月3日

THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING WELCOME TO PLEASURE 315 G@RDEN!!! EVENT Blu-ray』発売

★ラジオ/生配信★
毎週金曜 21:00~

『ラジオ315プロNight!』
パーソナリティは隔週交代

ニコニコ生放送

毎月第2・4月曜日 18:00公開予定

『アソビストアpresents
THE IDOLM@STER SideM
Passion on the Station(エムパス)』

アソビストア特設ページ

★ライブ/イベント★
2021年2月6日・7日

『バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル 2nd』出演
※開催延期

公式サイト

2021年8月21日・22日

『THE IDOLM@STER SideM 6thLIVE TOUR ~NEXT DESTIN@TION!~Side HOKKAIDO』開催
※開催延期

2021年11月6日・7日

『THE IDOLM@STER SideM 6thLIVE TOUR ~NEXT DESTIN@TION!~Side KOBE』開催

2022年1月8日・9日

『THE IDOLM@STER SideM 6thLIVE TOUR ~NEXT DESTIN@TION!~Side TOKYO』開催

公式サイト

■ 広告 ■